忍者ブログ

ウィルゲートさんの本を読んでみた

本のレビューとかって、あんまり書くとネタバレになってしまうので、さじ加減が難しいですよね。そもそも雑誌以外の本をここ数年読んでないし、最近は雑誌も買ってない。雑誌はたまに買った方が面白そうだなぁって思ったり。この思考って春ならでは。僕的には。

そんなわけで、ビジネス本を約3年ぶりくらいに買ってみた。ちゃんと調べたら2年2ヶ月ぶりだったんだけどね・・・。TwitterとかFacebookで「ウィルゲートさんの本が出版」とか流れてたんで、近しい会社なので買って読んでみました。

最初「ウィルゲートが本を出す」と聞いて、正直「早いんじゃないのか?」と思ったのだけど、彼らの中で一つの区切りみたいのがあったのかもしれないし、何らかの出来事から「このタイミング」って感じだったのかなぁって。

このタイミングで出すというのはあくまで途中経過のレビューであって、ここで一息付いてしまっては元も子もない。この類の本を出す人は多いけど、なんか比較的その後gdgdしてしまう傾向があるけど、きっと彼らは臥薪嘗胆的にとらえていくだろうと期待しています(偉そうでスミマセン)。野球で言うところの「1回の攻防を振り返ってみましょう」だと思うのです。


内容ですが、「きっかけがあって起業→そこそこ順調→拡大→アクシデント→危機→困難からの再起→良い感じ!」という黄金展開。ただ彼らがビジネスを始めた時期と僕がこの世界に入った時期はほとんど同じだし、他の経営者のこの類の本と違い、タイムラインが同じというか、「この頃はウチらは何してたかなぁ」と思う事ができるので、その分、親近感というか身近な感じを味わう事ができた。ウィルゲートさんとはお付き合いもあるので、「あの頃、実は苦境に立ってたんだな」などと振り返ってみたりもできる。そこがこの本の醍醐味だった。現状が良い状態でなければ本など出せないし、きっと良い感じなんだろう。界隈でもウィルゲートさんの話題はポジティブなものが多い。

小島さんと吉岡さんの絆ってのは凄いなぁと思いました。「誰とやるか」というのは非常に重要。小島さんは吉岡さんを絶対に失ってはいけないし、裏切ってもいけない。それは凄く強く思った。
あと、「最後は信頼できるかどうか、人間性がどうか」ってのが重要。内も外もそれは言えると思う。



さて、人間というのは共通点を見つけたくなるものだが、本を読んでいくつか小島さんとの共通点があるなぁと思った。ネタバレっぽいので注意。

・SEO会社の社長→僕は起業ではなく子会社でしかもすぐに交替したけど
・親が事業をしていた→倒産しちゃった
・家業が傾きかけた時に母親が病に倒れる
・実家が競売
・イケメン→すみません、調子に乗りました


機会があれば読んでみてはいかがですか?