忍者ブログ

2014年、僕がSEO的に印象深かったこと

2014年のSEO界隈

異業種に転職したものの、SEO絡みの相談なども多くなんだかんだでSEOに近いとこにいたなぁという印象の2014年。何とかハットとか何とかSEOなどの流行はいろいろあったものの、それとは別の視点で3つの印象的なことをあげてみようかと。


1.若いSEO担当者との交流

VCに転じ、投資先に行くことも多いのですが、某社で出会った若手SEO担当者のスキルの高さに驚愕しました。まだ22歳くらいにしてキャリアは僕と変わらないくらいの長さ。個人でサイトを作り、SEOを試行錯誤して身につけたスキルの高さは圧倒的。3月に最初に会った時から「これはもう何も言うことはないぞ・・・」と焦ったのを覚えています。

それから一ヶ月に一回か二回くらいは定期的にオフィスに訪問しMTGをしたけど、ほぼ何もアドバイスすることはなく、あちらが「こういう施策をしようかと思うのですが・・・」という問いに対して「良いと思います・・・」と返すくらい。他サイトの研究と細かな施策のトライアンドエラーで難ワードも上位にきている。canonicalについて議論したのが今年の思い出です。



2.引き続きのトップアフィリエイターとの交流

トップ中のトップと僕が思ってるアフィリエイターさんとの交流は今年も続きました。特にパシさんやたかぽんさんは「さすがだな」と思うことも多い。Twitterも勉強になるけど、パシさんのブログ「アフィリエイト野郎」、たかぽんさんの「たかぽんアンテナ」はたまに読み返しています。

スマホでの閲覧増に備えた動きをみなさんやってるなぁという印象。アプリ化もそうですが、そうなるとASO(アプリストア最適化)の領域が激しくなりそうだなと。これまであまり敵がいなかったのでASOでガシガシDLを稼いでた会社はちょっと嫌かもしれませんね。



3.SEO事業のピボットや事業譲渡が顕著

古巣のSEO事業が譲渡されることを有休消化中に知り驚いたのですが、その他のSEO会社もSEO事業譲渡というニュースをいくつか見たし、いよいよそういう時期なのかなと。また、かつてSEO専業の会社がピボットして資金調達したというニュースも何社かあり、これもまた時代だなと。



こんな感じでぼんやり2014年の僕のSEO関連を振り返ってみましたが、2015年はどういう感じになるんでしょうかね。僕はとにかく運営メディアの検索流入を増やしたいです!!!